入れ歯・義歯|総入れ歯・部分入れ歯(前歯・奥歯)

入れ歯治療専門の当医院の入れ歯治療

咬み合わせに着目した新たな入れ歯製作法

の入れ歯に不満・悩みはありませんか?つぼい歯科医院では入れ歯治療を行って28年以上。多いときは月に20~30個もの入れ歯を製作し、多くの方にご満足いただきました。「噛みやすくなった」「不自由さを感じない」そんな喜びの声があがる当院の入れ歯治療をご紹介します。

入れ歯治療

ご覧ください!吸い付きが良く、はずれない入れ歯

動画サムネイル

クリックすると動画が別ウインドウで開きます
環境によりご覧になれない場合がございます。ご了承ください。再生出来ない場合は以下ソフトのインストールをお試しください。
Windows:Windows Media Player
Macintosh:Quick Time

まずは上記のビデオ画像(動画)をご覧ください。
通常の入れ歯はピンセットで引っ張るとすぐにはずれてしまいます。しかし当院の入れ歯は強く引っ張ってもはずれることはありません。吸い付きが良いためお口にもぴったり合い、痛みを感じることもない入れ歯です。

シラシステムとは

咬み合わせに着目した入れ歯製作法・シラシステム

『歯』は健康に大きな役割を果たします。中でも最も重要なのが『咬み合わせ』です。
人間の頭は7~10kgとボーリングのボールと同じくらいの重さがあります。頭を胴体のつなぎ目で支えているのがあごです。あごは歯並びとその咬み合わせによってバランスが保たれていますが、それらが崩れると頭や顔のゆがみが生じ、身体へも悪影響を及ぼします。肩こり・頭痛をはじめ、頚椎・骨盤へのゆがみの発生など、身体全体の健康不良の原因にもなるのです。
そこで総義歯治療の第一人者である阿部晴彦先生が考案したのがSHILLA SYSTEM(シラシステム)です。顔とアゴとのバランスを計算して作られた入れ歯はお口にぴったりフィットするだけでなく、頭や顔のゆがみを改善し、入れ歯が合わないことによって生じていた身体全体の不調も解消します。

入れ歯の製作方法

正確な型採りと咬み合わせでぴったり合う入れ歯を製作

入れ歯で重要なのが口腔内の「型採り」と「咬み合わせ」。
通常(保険治療)では機能的な「型採り」ができません。そのため、咬み合わせた際の口腔内の変化に対応した入れ歯を作ることができず、お口に合わない入れ歯になってしまいます。詳しくは入れ歯が合わない理由をご覧ください。
当院では「型採り」と「咬み合わせ」両方の診査・診断を行います。「型採り」の際、アルジネートと呼ばれる型をとる材料に加え、ティシュコンディショナーと呼ばれる材料も使用。ティシュコンディショナーは耐久性が強く、アルジネートでは採りにくい舌の裏の型も的確にとることができます。また歯肉が傷ついていてもそれを保護する性質もあり、口腔内の状態をより細部まで再現できる正確な型採りを可能にしています。
さらに、咬合器で「咬み合わせ」の状態もチェック。人の口の中は物を噛んだり、舌を動かしたりしたときに歯ぐきや口の中の筋肉が変化します。その変化を正確に再現できなければ、口に合った入れ歯は作ることができません。咬み合わせを診査し忠実に再現することで、食事をしても痛くなく、咬み合わせの良い入れ歯が完成するのです。

治療の流れについてはこちら

入れ歯治療で使用する器具

エステティックフェイスボー

エステティクフェイスボー
上あごがあごの関節に対してどの位置にあるかを記録し、正確に咬合器に伝える器具です。咬み合わせが悪いと顔や頭にゆがみが生じます。ゆがみを修正することで、咬み合わせのよい痛みのない入れ歯ができるのです。

ABE咬合器

ABE咬合器
一般的な咬合器よりも調節箇所が多く、咬み合わせの際の運動機能を忠実に再現できるため、より精密な入れ歯を作ることができます。

ゴシックアーチ(GOA)

ゴシックアーチ(GOA)
咬み合わせの中心を決める装置です。

ぴったり合う入れ歯なら顔の表情も変わります

治療前・治療後

左は不適合な入れ歯をしている状態で、右は適合した入れ歯の状態です。
不適合な入れ歯だと左右の目の大きさが違い、咬み合わせも斜めになっているのが分かります。しかし、適合した入れ歯にすると目の大きさも揃い、咬み合わせも顔の正中に対して垂直です。顔の左右のバランスも考慮して入れ歯が作られているため、「痛くない」「咬みやすい」といった機能的な面だけでなく、顔の左右のバランスまで修正されます。

患者様の声をご紹介します

浜松市南区白羽町 S様(61歳女性)
下の歯が一本もなくなり、食べものを噛めなくなったことが本当に辛かったです。そのあまりの辛さに自殺まで考えました。でも坪井先生が噛みやすくて全く外れない入れ歯をつくっていただいたので、これまでの不自由さを感じることがなくなり大変感謝しています。

その他の患者様の声はこちら

治療期間

治療期間は患者様の状態によって様々です。「早く作る」ことよりも、しっかりと診査・診断を行い、患者様に一番最適な入れ歯を製作することを重視しています。

通常の時(保険治療):5回/5週間
SHILLA SYSTEM:5回~6回/5週間~6週間 遠方の方の場合:2回/最短2週間
抜歯・骨整形等:7回~8回/7週間~8週間

治療費についてはこちら

このページのトップへ戻る

現在地:トップページ当医院の入れ歯治療

入れ歯治療専門のつぼい歯科医院への無料相談はこちらから入れ歯治療専門のつぼい歯科医院への予約お申し込みはこちらから